滞納家賃の立て替え|初心者でも臆する事なく挑戦|マンション経営を黒字経営する術

初心者でも臆する事なく挑戦|マンション経営を黒字経営する術

滞納家賃の立て替え

ウーマン

滞納が起こったら

アパートやマンションの賃貸経営を行っている大家さんは、部屋を借りたいという人がいると、連帯保証人を付けてもらってアパートやマンションに入居してもらいます。家賃の滞納が起こった時には、入居者に代わって連帯保証人に家賃の請求を行うためです。入居者の家賃が滞納してしまい連帯保証人に請求するときに、連帯保証人が所在不明であったり、連帯保証人が払う気がなかったり、遠方で交通費に滞納した家賃以上のものがかかったりすることはよくあります。連帯保証人を付けてもらったからと言って、確実に滞納された家賃がはいってくるというものでもありません。こんな時に賃貸保証会社を利用していれば便利です。賃貸保証会社は、滞納された家賃の立て替え払いを大家さんに対して行ってくれます。

臨機応変な対応

アパートやマンションの入居者に、賃貸保証会社の保証を付けてもらえば、滞納が起こった時でも確実に家賃の回収が見込めますので、資金計画にも支障が出ることはありません。また入居者にとっても連帯保証人が要らないという、メリットもあります。賃貸保証会社に保証を付けてもらうためには、保証金が必要です。家賃の何割とか一律固定された料金なのかは、保証会社によってまちまちですが、保証料金を負担しなければなりません。もちろん入居者の負担になってくるわけですが、入居者にとっては家賃のほかに保証料が必要になるということで、入居するときの負担が増してくることも事実です。それを嫌がって入居をためらったり、通常の保証人を付けるといってくる入居者もいますので、臨機応変な対応が必要になってきます。