購入した不動産の有効活用|初心者でも臆する事なく挑戦|マンション経営を黒字経営する術

初心者でも臆する事なく挑戦|マンション経営を黒字経営する術

購入した不動産の有効活用

男の人

管理会社を選ぶポイント

不動産を所有したのはいいけれど、素人が片手間に管理をするというのはなかなか難しいものです。そのような場合には、賃貸管理会社を利用するのがやはりいいでしょう。しかし、どのような賃貸管理会社を選べばいいのか、よくわからないということもあります。そのような時は、次のような点に絞って選ぶ方法があります。まず入居者募集がきちんと行われているかという点です。入居率が高い会社であるほど、手持ちの不動産をうまく活用できますし、家賃収入も途切れずに入ってくることになります。それから入居者のクレーム、あるいはトラブルにうまく対応できるかも重要なポイントです。そしてそのような情報を、まめに連絡してくれるかという点もまた、押さえておく必要があります。

契約方法も見直してみよう

一口に賃貸管理会社と言っても様々で、契約したのに、手持ちの物件をうまく活かせないということもあるものです。一般にこの場合は2通りの契約方法、すなわち集金代行契約とサブリース契約があります。集金代行契約は大家の業務代行、そしてサブリース契約は、不動産会社が物件を借り上げて、入居者に転貸してくれる方法です。特にサブリース契約の場合は、賃貸管理会社を通して家賃を受け取るため、実際の家賃収入よりも金額面ではやや少なくなりますが、空室状況を気にしなくていいのが強みです。ただし賃料の見直しをしなければならないこともありますので、サブリースだけに頼らず、不動産を購入する前に、まずその不動産のニーズを考えてから投資するようにしましょう。